「銀座でキャバクラ?」なんて感覚は時代遅れ

「銀座でキャバクラ?」なんて感覚は時代遅れ

テレビドラマの影響なのか「銀座というとやっぱりクラブでしょ」って方、まだ多いと思うんですよね?
同僚にも銀座のお店へ行ってるというと、必ず「クラブ?」って聞かれますし。
でも、銀座はもう高級クラブだけじゃなくて、高級キャバクラもどんどん増えてきているんです。

もちろん、クラブがなくなったわけじゃないですよ。僕自身、いいお店もたくさん知ってます。
ただ、クラブはちょっと使いにくいって人が銀座で気軽に遊べるのが高級キャバクラなのかなって。
僕が遊んでるお店もまさしくそれです。

 

敷居は高すぎず、サービスは一流なのが高級キャバクラ

クラブに比べて寄りやすい

クラブにはママがいて、高嶺の花のような女の子がいて…。
男だったら一度は訪れたい場所では確かにありますよね?
でも、高級キャバクラはそれを毎週のように遊べるんです。
別に経済的に余裕があれば、クラブへ行くのもありですけど、薄給のサラリーマンじゃムリですよ。
だけど、高級キャバクラだったらもう少し余裕を持って楽しめるんです。

「じゃあ、キャストがイマイチなんじゃないの?」って不安になる人もいると思うんですけど、そんなことありませんよ。
むしろ、若い子が多い分、モデルの卵やアイドルの卵みたいな子がかなりいます。
青田買いがしたいって人にも向くんじゃないかな?
付き合えたらすっごいラッキーなんですけどね、そこまではなかなか。
今週末もちょっと銀座寄ってから帰ろうと思ってます。